浜松市で不動産売却時の残置物トラブルを避けるためのヒント

query_builder 2024/05/11 相続 離婚 空き家
この記事では、浜松市での不動産売却時に発生しやすい残置物に関するトラブルを避けるための具体的なステップを解説します。現状回復義務や清掃費用、その他の問題を解決する方法について詳しく説明しています。
ひばり開発株式会社
ロゴ
空き家に関する不動産売却プランをご提案し、ご満足いただける結果をお届けできるよう尽力しています。不動産取引は重要な決断ですので、お客様との信頼関係を築きながら浜松市で対応しております。
ひばり開発株式会社
住所:

〒432-8011

静岡県浜松市中央区城北2-4-2

カレッジタウン城北1階ウエスト


電話番号:
053-488-7477

不動産売却と残置物トラブルの基本的な理解

不動産売却時に売主と買主の間で生じる問題の一つが、残置物に関するトラブルです。ここではその背景と現状について簡単に触れ、理解を深めていきましょう。

不動産売却と残置物の問題

不動産売却時には、売主と買主の間で残置物に関する問題が発生することがあります。不動産を売却する際には、所有権だけでなく、物件の空間も買主に移るため、必要のない物や家具などの残置物を適切に処理する必要があります。残置物を放置してしまうと、買主にとっては不要な負担となり、トラブルの原因になりかねません。特に浜松市では、このような残置物トラブルが起こりやすい傾向があります。例えば、売主が物件から移出していない家具や不要なものが残っている場合、買主はそれを処分しなければなりません。また、特に大規模な不動産売却では、売主が建築物を撤去しないで放置してしまうことも問題となります。物件を売却する際には、このような残置物の問題に注意し、事前に解決策を考えておくことが重要です。

残置物トラブルの起こりやすさ

売主と買主の間で役割と責任を明確にしないまま不動産売却を進めると、残置物に関するトラブルが起こりやすくなります。ではなぜ残置物トラブルが起こりやすいのでしょうか。

一つは、売主が残置物を十分に片付けていないことが挙げられます。不要な家具や物品をそのまま残してしまったり、物件内の建築物を撤去せずに残したりすることが問題となります。売主は、物件を買主に引き渡す前に、残置物を適切に処理する責任を負っています。しかし、時間や費用の都合で手抜きをしてしまうことがあり、それがトラブルの原因となることがあります。

もう一つは、買主が残置物について事前に確認しないことです。購入する前に物件を見学することは一般的ですが、見学時には残置物があるかどうかを確認することが難しい場合もあります。また、買主自体が残置物に対しての注意を怠っている場合もあります。このような場合、引き渡し後に残置物の処理や撤去に負担を感じることになり、トラブルの原因となります。

浜松市では、不動産市場が活況であり、物件の売買が盛んです。そのため、多くの売買取引が行われる中で、残置物トラブルのリスクも高まっているのです。不動産売却時には、売主と買主双方が残置物についての責任と注意を持ち、事前に十分な準備と確認を行うことが重要です。

残置物トラブルの具体的な内容

不動産売却時に発生する残置物トラブルには、さまざまな具体的な問題が含まれます。ここではその主な問題について説明します。

不要な家具などの処分

不動産売却時における残置物トラブルの一つが、不要な家具などの処分に関する問題です。売主が物件から移出していない家具や不要なものが残されていると、買主はそれを処分しなければなりません。このような残置物の処分は、買主にとって負担となり、トラブルの原因となる可能性があります。

不要な家具などの残置物の処分は、買主にとって手間や費用がかかります。家具の処分には、引き取り業者に依頼する方法や、リサイクルショップに持ち込む方法などがありますが、いずれの場合も手配や運搬に手間や費用がかかることがあります。また、不要な家具が大量にある場合や、特殊な形状やサイズの家具がある場合は、適切な処分方法を見つけることが難しいかもしれません。

このような問題を避けるためには、不動産売却前の段階で残置物の処分について考えることが重要です。売主は、売却に際して不要な家具などの処分を行い、買主が引き渡し時に負担を感じることがないようにする責任を負っています。

また、買主も物件を購入する前に、残置物の処分について十分な情報を収集し、処分方法や費用を事前に把握しておくことが重要です。売却時には、残置物に関する契約書を作成し、明確な処分責任を取り決めることも有効です。

不動産売却においては、不要な家具などの残置物の処分についての問題を適切に解決することが、トラブルを回避するための重要なステップです。売主と買主双方が責任を持ち、残置物の処分について事前に合意し、円滑な取引を進めることが必要です。

建築物の撤去

特に大規模な不動産売却において注意が必要なのが、物件内の建築物の撤去に関する問題です。建築物とは、例えば小屋や倉庫、増築した部屋などのことを指します。これらの建築物が売主によって撤去されていないまま物件が引き渡されると、買主にとっては大きな負担となる可能性があります。

建築物の撤去は、買主が行うことが求められる場合があります。しかし、建築物の撤去は手間と費用がかかる上、適切な解体や処分方法を見つけることが難しいこともあります。特に、建築物が大きく、解体には専門的な知識や技術が必要な場合は、買主にとっては負担が大きくなります。

建築物の撤去に関する問題を避けるためには、不動産売却の段階で売主と買主が明確な合意を得る必要があります。売主は、物件の引き渡し前に建築物の撤去を行う責任を負っています。買主は、物件の状態や建築物の有無について事前に検証し、引き渡し時に予期しない負担を感じないようにするために、適切な確認を行うことが必要です。

売主と買主双方が相互に配慮し、建築物の撤去に関する問題を事前に解決することが重要です。不動産売却に際しては、建築物の撤去についての契約書を作成し、不明確な部分を明示することも有効です。円滑な取引を進めるためには、売主と買主が建築物の撤去について合意し、トラブルを回避することが重要です。

浜松市での不動産売却においては、不要な家具などの処分と同様に、建築物の撤去に関する問題にも十分な注意が必要です。売主と買主が互いの責任と合意を持ち、円滑な引き渡しと取引を行うために、事前の確認と適切な処理を行うことが重要です。

残置物トラブルと法律

残置物トラブルには法的な側面も深く関わっています。ここではその基本的な知識を紹介します。

契約での取り決め

不動産売却における残置物トラブルには、契約での取り決めが重要な役割を果たしています。売主と買主の間で、不動産売却の開始前に契約を結ぶことで、残置物に関する責任分担や取引条件を明確にすることができます。

契約書には、売主と買主の両方が確認すべき事項が含まれています。具体的には、売主が物件を引き渡す際の状態や残置物の状況、買主が負担する費用などが記載されます。契約書で取り決められた内容に基づいて、残置物の処分や費用の負担などが行われます。

売主と買主は、契約書を作成する際に、不動産売却における残置物の問題について具体的に合意すべきです。具体的な合意ポイントとしては、売主が物件の状態を適切に保つ責任や、買主の残置物処理の負担軽減のための支援措置が含まれることがあります。また、処分費用の負担の範囲や、引き渡し前の残置物の確認方法についても契約書で取り決めることが重要です。

契約での取り決めは、売主と買主の両方にとって公正かつ具体的なルールを提供してくれます。契約書を作成する際には、双方の希望や条件をしっかりと話し合い、納得のいく内容を盛り込むことが大切です。適切な契約書の作成によって、残置物に関するトラブルを未然に防ぎ、円満な不動産売却を実現することができます。

浜松市での不動産売却においても、契約での取り決めは重要です。売主と買主が契約書の作成に十分な時間と注意を払い、残置物に関する問題を明確に取り決めることで、トラブルのリスクを最小限に抑えることができます。

不動産セットバックとの関連

不動産売却において、残置物トラブルに関連する法的な側面が不動産セットバックという概念と関連しています。不動産セットバックとは、土地の周囲に必要な一定のスペースを確保するための制限や規制を指すものであり、建築物や構造物がセットバックエリア内に侵入してしまうと、問題が生じます。

不動産セットバックは、建築基準法や都市計画法に基づく法的な制度です。主な目的は、建物同士や周囲の景観への配慮や安全性の確保です。つまり、土地の周囲に一定のスペースを確保することによって、建物の密集具合を調整し、周囲の環境を保護することを目指しています。

不動産セットバック制度と残置物トラブルは、以下のように関連しています。まず、不動産売却時に買主にとって不利益となる残置物が、実際にはセットバックエリア内に侵入している場合があります。これにより、買主は建築物の移動や撤去などの対策を講じなければならなくなり、追加の負担が発生する可能性があります。

このような問題を未然に防ぐためには、売主が不動産セットバック制度に関する情報を事前に開示することが重要です。売主は、物件がセットバックエリア内に侵入しているかどうかを調査し、その結果を買主に正直かつ明確に伝える責任があります。買主は、売主からの情報を元に、不動産セットバック制度の規則や制約について理解し、引き渡し前に問題がないかを確認する必要があります。

不動産セットバック制度に関する情報共有と明確な契約内容は、残置物トラブルを回避するために不可欠です。売主と買主は、契約書に不動産セットバックに関する取り決めを明記することで、適切な情報共有や責任の分担を行うことが重要です。不動産売却では、不動産セットバック制度に関連する事項にも注意を払い、円満な取引を実現しましょう。

残置物トラブルを避けるための措置

残置物トラブルを避けるためには、どのような措置を取るべきでしょうか?以下では、具体的な対策について解説します。

契約書の作成

不動産売却において残置物トラブルを避けるためには、契約書の作成が非常に重要です。契約書は売主と買主の間で明確な取り決めを行うための法的文書であり、残置物に関する責任分担や条件を明示するための基盤となります。

契約書を作成する際には、以下のポイントに注意することが重要です。まず、売主と買主が合意した残置物の処理や負担軽減策を具体的に明記することが必要です。例えば、売主が物件の引き渡し前に残置物を撤去する責任を負う場合、その責任範囲や時期を明確にする必要があります。また、買主が残置物の処分費用を負担する場合、具体的な金額や支払い方法についても契約書に記載することが重要です。

さらに、契約書には引き渡し時の物件の状態や残置物の有無、確認方法なども明確に規定する必要があります。売主は、物件の状態を買主に適切に引き渡す責任を負い、買主は引き渡し前に残置物の存在や状態を確認する機会を持つことが重要です。このような確認作業が契約書で明確に取り決められていることで、引き渡し後のトラブルを最小限に抑えることができます。

契約書の作成には、専門家の助けを借りることも有効です。不動産仲介業者や弁護士などの専門家は、適切な契約書の作成において貴重なアドバイスや支援を提供してくれます。専門家の意見を取り入れることで、より具体的で公正な契約内容を作成することができます。

不動産売却では、契約書の作成が不可欠です。売主と買主が明確な取り決めを行い、残置物トラブルを未然に防ぐために、契約書の作成に時間と労力をかけることが重要です。適切な契約書は、取引の公正性や円満な成立を確保するために欠かせない要素です。

早期の情報共有

不動産売却において残置物トラブルを避けるためには、早期の情報共有が重要です。買主にとって不利益な残置物が物件に存在する場合、それを可能な限り早い段階で買主に情報共有することが必要です。

早期の情報共有は、売主と買主の信頼関係を構築し、円満な取引を実現させるために重要な要素です。売主は、物件に残された家具や不要な物品、建築物などの存在を買主に誠実に伝える責任があります。このような情報共有は、買主が引き渡し時に予期しないトラブルや負担を回避するための重要な手段となります。

買主にとっても早期の情報共有は重要です。残置物に関する情報を早めに受け取ることで、買主は適切な対策や準備を行うことができます。例えば、買主が残置物の処分に負担を感じる場合、十分な時間を確保し、適切な業者や方法を選ぶことができます。また、早期の情報共有は、引き渡し前の確認作業にも役立ちます。買主は物件を見学する際に残置物の有無や状態を確認し、問題があれば追加の交渉や対応を行うことができます。

情報共有は、契約書の作成とも関連しています。売主と買主は、契約書で残置物に関する情報共有や責任の明記を行うことで、取引の公正性と信頼性を高めることができます。契約書に明確な取り決めを盛り込むことで、早期の情報共有を促進し、双方の利益を守ることができます。

したがって、不動産売却においては早期の情報共有が重要です。売主と買主は互いに信頼関係を築き、残置物に関する情報を迅速かつ正確に共有することで、円滑な取引を実現することができます。早期の情報共有はトラブルを未然に防ぐための鍵となるので、不動産売却時には適切な情報の伝達を心掛けましょう。

専門家の活用

不動産売却や残置物の処分には、専門的な知識が求められます。ここでは、専門家への相談や活用方法について解説します。

不動産仲介業者

不動産売却や残置物の処分には、不動産仲介業者の活用が有効です。不動産仲介業者は、不動産売却における手続きや問題解決に精通しており、スムーズな取引の実現をサポートしてくれます。

不動産仲介業者は、売主と買主の間での情報共有や交渉の仲介役として活躍します。例えば、売主が物件に残置物があることを正確に仲介業者に伝えれば、仲介業者は買主に対して残置物の情報を提供する責任を担います。また、売主の要望や買主の条件の調整、契約書の作成なども専門的な知識と経験を持った仲介業者がサポートしてくれます。

特に、残置物に関する費用や処分方法については、不動産仲介業者が助言や提案を行うことができます。彼らは市場の傾向や地域のルールに詳しく、買主の負担を軽減するために最適な方法を指南してくれます。例えば、適切な処分業者の紹介やコスト見積もりの提供、解体や撤去に関する手続きのサポートなどがあります。

不動産仲介業者は、物件の評価やマーケティングも専門的に行います。適正な価格設定やターゲットマーケットへのアプローチは、売却プロセスにおいて非常に重要です。また、プロモーションや広告の企画、物件の魅力的な特徴の強調なども不動産仲介業者が担当します。

浜松市で不動産売却や残置物の処分を考えている場合、地元に精通した不動産仲介業者を選ぶことがおすすめです。彼らは浜松市の不動産市場に関する知識や経験を持っており、特定の地域での取引において価値を提供することができます。

不動産仲介業者の活用は、不動産売却や残置物の処分において重要な要素です。彼らの専門知識と経験は、円滑な取引の実現やトラブルの回避に貢献します。不動産売却を検討する際には、信頼できる不動産仲介業者との相談をお勧めします。

弁護士

不動産売却や残置物の処分において、弁護士の活用も有効です。弁護士は法的な専門知識を持ち、契約の確認や法的な問題に対応することができます。

不動産売却における契約書の作成や内容の確認は、弁護士の助けを借りて行うことが重要です。弁護士は契約の専門家であり、不動産取引における法的な規制やリスクを理解しています。彼らは契約書の作成や内容の精査を通じて、売主と買主の間の権利や責任を保護するために重要な役割を果たします。

また、弁護士は法的な問題に対処するための助言や対応策を提供してくれます。例えば、残置物に関連する法的な責任や処分方法についてのアドバイスを受けることができます。弁護士は、適切な法的手続きや遵守すべき法律についてのガイダンスを提供し、不動産売却における法的なリスクを最小限に抑えるためのサポートを行います。

また、弁護士は訴訟や紛争の場合にも頼りになる存在です。もしも不動産売却に関するトラブルが生じた場合、弁護士は解決策を提案し、必要な法的手続きを代理して進めることができます。彼らは売主や買主の権益を守り、紛争解決のプロセスを円滑に進めることに努めます。

浜松市での不動産売却や残置物の処分において、地元の弁護士の知識や経験を活用することが有益です。地元の弁護士は浜松市の地域に精通しており、地元の法律や規制についても知識を持っています。

弁護士の活用は、不動産売却や残置物の処分において法的な保護やアドバイスを受けるための重要な手段です。売主や買主は、信頼できる弁護士との相談を通じて法的なリスクを最小限に抑え、円滑な取引を進めることができます。

不動産売却時の注意点

浜松市での不動産売却時に、どのような点を特に注意するべきでしょうか?ここではそのポイントを紹介します。

契約の入念なチェック

不動産売却時において注意すべきポイントの一つが、契約の入念なチェックです。売主と買主双方が契約内容を入念にチェックすることは、残置物トラブルを回避するために非常に重要です。

契約書を作成する際には、売主と買主が合意した内容を正確に反映したものであるかを確認することが必要です。契約書には、残置物の処分責任や負担軽減策、引き渡し時の物件の状態や確認方法など、残置物に関する具体的な事項が含まれているはずです。

まず、売主は自身が契約書に内容が適切に反映されているかを確認するべきです。売主は、自身の責任範囲や処分負担、物件の状態の正確な記載などを入念に確認し、不備や誤解を避ける必要があります。また、買主の利益も考慮して、適切かつ公正な内容になっているかも確認することが重要です。

一方、買主も契約書の内容を十分にチェックする必要があります。特に、残置物の処分負担や物件の状態に関する記載を確認し、自身の益を守るために必要な条件が含まれているかを確認することが重要です。もしも不明確な点や疑問がある場合は、売主や仲介業者との間で適切な説明を求めることが必要です。

契約の入念なチェックは、売主と買主がお互いの権益を守り、円満な取引を実現するために大切なステップです。契約書の内容が明確で正確であれば、残置物トラブルを回避するための基盤となります。売主と買主が契約の入念なチェックを行い、全ての点に納得した上で署名をすることで、双方の利益を保護することができます。

浜松市での不動産売却においても、契約の入念なチェックは欠かせません。売主と買主は、契約書を入念に確認し、取引条件や残置物に関する内容に納得のいくまでチェックすることが重要です。円満な不動産売却を実現するために、時間をかけて契約書の内容を入念に確認しましょう。

清掃とメンテナンス

不動産売却時に特に重要なポイントとして、清掃とメンテナンスが挙げられます。物件の清掃や適切なメンテナンスは、残置物トラブルを回避し、円滑な引き渡しと取引を実現するために欠かせません。

まず、売主は物件を買主に引き渡す前に、適切な清掃を行う責任を負っています。物件内の汚れやゴミ、不要な家具などを処理し、買主が物件を受け取る際にきれいな状態で提供することが重要です。清掃作業を丁寧に行い、物件の状態を整えることで、買主に良好な印象を与えることができます。

また、売主は適切なメンテナンスを行い、物件の状態を良好に保つ責任も負っています。例えば、設備や機器の動作確認や修理、必要な修繕や補修などが含まれます。物件の価値と魅力を維持するためにも、定期的なメンテナンスが不可欠です。売主は、買主に対して行うメンテナンスの内容や頻度について明確に伝えることが重要です。

買主側も、引き渡し前に物件の状態をチェックすることが大切です。清掃やメンテナンスの状態を確認し、不明な点や不備があれば早めに売主と相談することが必要です。買主は、物件が十分に清掃されているか、設備や機器が正常に動作しているかなどを確認し、納得のいく状態で物件を引き渡されることを求めることができます。

清掃とメンテナンスは、物件の引き渡しと取引の満足度に直結する重要な要素です。売主は物件を清潔な状態に保ち、適切なメンテナンスを行い、買主は引き渡し前にチェックを行うことで、物件の状態に納得し、円滑な取引を進めることができます。

不動産売却においては、清掃とメンテナンスについての注意が不可欠です。売主と買主は双方が責任を負い、物件がきれいで良好な状態で引き渡されることを目指しましょう。清掃とメンテナンスに関する取り決めは契約書にも明記し、トラブルを未然に防ぐための基盤を構築しましょう。

まとめ:不動産売却と残置物トラブル

この記事では不動産売却時の残置物トラブルの把握と、その問題を回避するための具体的な方法について述べました。

明確な契約と情報の早期共有

不動産売却と残置物トラブルを避けるために最善の方法は、明確な契約作成と情報の早期共有です。売主と買主は、契約書を作成する際に、残置物に関する責任や条件、引き渡し時の物件の状態などを具体的に取り決めることが重要です。

明確な契約作成には、売主と買主がお互いに納得のいく内容を話し合うことが必要です。買主の要望や売主の条件を十分に考慮し、公正かつ公平な契約を作成することが目指されます。残置物の処分責任や費用の負担、物件の状態や確認方法などに関する明確な取り決めは、トラブルを未然に防ぐために不可欠です。

また、情報の早期共有も重要な要素です。売主は物件に残置物があることや物件の状態に関する情報を可能な限り早く買主に提供することが求められます。買主は、売主からの情報を適切に受け取り、残置物や物件の状態に関する確認や準備を早い段階から行うことが重要です。情報の早期共有は、双方が納得のいく取引を進めるために欠かせません。

明確な契約作成と情報の早期共有は、信頼関係の構築と円満な取引の実現に貢献します。売主と買主は互いの権益と利益を守りながら、契約内容や情報を十分に共有し合うことで、残置物トラブルを回避することができます。

浜松市での不動産売却においても、明確な契約作成と情報の早期共有は重要です。売主と買主はお互いの要望と利益を尊重し、公正な取引を目指すために、契約書の作成と情報共有を丁寧に行いましょう。円滑な不動産売却を実現するために、明確な契約と早期の情報共有を重視しましょう。

専門家の意見を取り入れる

不動産売却時の残置物トラブルを回避するためには、専門家の意見を取り入れることも有効です。不動産仲介業者や弁護士などの専門家は、豊富な知識と経験を持っており、適切なアドバイスやサポートを提供してくれます。

不動産仲介業者は、不動産売却における手続きや問題解決に精通しています。彼らは適切な契約書の作成や取引の進行管理、残置物トラブルの予防策についてのアドバイスを提供してくれます。不動産仲介業者の専門知識とネットワークを活用することで、円滑な取引を実現することができます。

弁護士は法的な問題に対応するために頼りになる存在です。契約書の確認や異議申し立てのサポート、トラブルの解決策の提案などを行います。弁護士は不動産取引において法的なリスクを最小限に抑えるためのアドバイスを提供し、売主と買主の権益を守るために努めます。

専門家の意見を取り入れることで、不動産売却における残置物トラブルを予防することができます。彼らは売主や買主の利益を最優先に考え、取引のスムーズな進行と問題の解決に向けて支援してくれます。

浜松市での不動産売却においても、専門家の意見を活用することは重要です。地元に精通した不動産仲介業者や弁護士は、地域の特性や法的規制についての知識を豊富に持っています。

不動産売却時に専門家の意見を取り入れることで、残置物トラブルを未然に防ぎ、円滑な取引を進めることができます。売主と買主は、専門家のサポートを受けながら正確な情報とアドバイスを得ることで、安心して不動産売却を進めることができるでしょう。

今後のステップ

これから不動産売却を考えている人に向けて、次に取るべきステップを紹介します。

専門家との相談

不動産売却を考えている場合、専門家との相談は非常に重要です。不動産仲介業者や弁護士などの専門家は、経験と知識を持っており、様々な視点からアドバイスを提供してくれます。

専門家との相談によって、不動産売却に関する疑問や不安を解消することができます。彼らは不動産市場のトレンドや動向、地域の特徴、法的な規制などに詳しく、売主と買主の双方が得るべき情報を提供してくれます。また、専門家は売買手続きや契約書の作成、残置物の処分方法などをサポートし、スムーズな取引の実現に貢献します。

不動産売却においては、専門家の意見や助言を受けることで、冷静な判断ができます。彼らは客観的な立場から問題やリスクを見つけ出し、それに対する解決策を提案してくれます。売主と買主は、自身の状況や目標、要望を専門家に伝え、適切なアドバイスを受けることで最良の結果を得ることができます。

専門家との相談は、不動産売却において自信を持って進むための重要なステップです。売主と買主は、信頼できる専門家とのコミュニケーションを通じて、自身の目標を達成するための最適な戦略を見つけ出しましょう。専門家の知識と経験を活用し、円滑な不動産売却を成功させましょう。

トラブル回避への対策

不動産売却時のトラブルを回避するためには、以下の対策を講じることが重要です。まず、不動産仲介業者や弁護士などの専門家の意見を積極的に取り入れることで、適切なアドバイスやサポートを得ることができます。また、明確な契約書の作成と情報の早期共有を行い、売主と買主の間での取り決めや情報共有を透明かつ公正に行うことが重要です。さらに、物件の清掃や適切なメンテナンスを行い、物件を良好な状態で買主に引き渡すことも大切です。適切な対策を講じることで、不動産売却におけるトラブルを最小限に抑え、円満な取引を実現することができます。

静岡県浜松市
のサービス対応エリア
  • 相生町
  • 葵西
  • 葵西一丁目
  • 葵西二丁目
  • 葵西三丁目
  • 葵西四丁目
  • 葵西五丁目
  • 葵西六丁目
  • 葵東
  • 葵東一丁目
  • 葵東二丁目
  • 葵東三丁目
  • 浅田町
  • 旭町
  • 小豆餅
  • 小豆餅一丁目
  • 小豆餅二丁目
  • 小豆餅三丁目
  • 小豆餅四丁目
  • 池町
  • 泉一丁目
  • 泉二丁目
  • 泉三丁目
  • 泉四丁目
  • 泉町
  • 板屋町
  • 瓜内町
  • 海老塚
  • 海老塚一丁目
  • 海老塚二丁目
  • 海老塚町
  • 尾張町
  • 鍛冶町
  • 春日町
  • 上浅田
  • 上浅田一丁目
  • 上浅田二丁目
  • 上島
  • 上島一丁目
  • 上島二丁目
  • 上島三丁目
  • 上島四丁目
  • 上島五丁目
  • 上島六丁目
  • 上島七丁目
  • 神田町
  • 鴨江
  • 鴨江一丁目
  • 鴨江二丁目
  • 鴨江三丁目
  • 鴨江四丁目
  • 鴨江町
  • 北田町
  • 北寺島町
  • 木戸町
  • 元目町
  • 紺屋町
  • 幸一丁目
  • 幸二丁目
  • 幸三丁目
  • 幸四丁目
  • 幸五丁目
  • 栄町
  • 肴町
  • 佐藤
  • 佐藤一丁目
  • 佐藤二丁目
  • 佐藤三丁目
  • 佐鳴台
  • 佐鳴台一丁目
  • 佐鳴台二丁目
  • 佐鳴台三丁目
  • 佐鳴台四丁目
  • 佐鳴台五丁目
  • 佐鳴台六丁目
  • 塩町
  • 鹿谷町
  • 蜆塚
  • 蜆塚一丁目
  • 蜆塚二丁目
  • 蜆塚三丁目
  • 蜆塚四丁目
  • 十軒町
  • 下池川町
  • 城北
  • 城北一丁目
  • 城北二丁目
  • 城北三丁目
  • 新津町
  • 神明町
  • 菅原町
  • 助信町
  • 砂山町
  • 住吉
  • 住吉一丁目
  • 住吉二丁目
  • 住吉三丁目
  • 住吉四丁目
  • 住吉五丁目
  • 早出町
  • 大工町
  • 高丘北
  • 高丘北一丁目
  • 高丘北二丁目
  • 高丘北三丁目
  • 高丘北四丁目
  • 高丘町
  • 高丘西
  • 高丘西一丁目
  • 高丘西二丁目
  • 高丘西三丁目
  • 高丘西四丁目
  • 高丘東
  • 高丘東一丁目
  • 高丘東二丁目
  • 高丘東三丁目
  • 高丘東四丁目
  • 高丘東五丁目
  • 高林
  • 高林一丁目
  • 高林二丁目
  • 高林三丁目
  • 高林四丁目
  • 高林五丁目
  • 高町
  • 田町
  • 千歳町
  • 中央
  • 中央一丁目
  • 中央二丁目
  • 中央三丁目
  • 寺島町
  • 天神町
  • 伝馬町
  • 利町
  • 常盤町
  • 富塚町
  • 富吉町
  • 中沢町
  • 中島
  • 中島一丁目
  • 中島二丁目
  • 中島三丁目
  • 中島四丁目
  • 中島町
  • 中山町
  • 茄子町
  • 名塚町
  • 平田町
  • 成子町
  • 西浅田
  • 西浅田一丁目
  • 西浅田二丁目
  • 西伊場町
  • 西丘町
  • 布橋
  • 布橋一丁目
  • 布橋二丁目
  • 布橋三丁目
  • 野口町
  • 法枝町
  • 萩丘
  • 萩丘一丁目
  • 萩丘二丁目
  • 萩丘三丁目
  • 萩丘四丁目
  • 萩丘五丁目
  • 旅籠町
  • 八幡町
  • 花川町
  • 早馬町
  • 東伊場
  • 東伊場一丁目
  • 東伊場二丁目
  • 東田町
  • 曳馬
  • 曳馬一丁目
  • 曳馬二丁目
  • 曳馬三丁目
  • 曳馬四丁目
  • 曳馬五丁目
  • 曳馬六丁目
  • 曳馬町
  • 広沢
  • 広沢一丁目
  • 広沢二丁目
  • 広沢三丁目
  • 船越町
  • 文丘町
  • 細島町
  • 松城町
  • 三組町
  • 南浅田
  • 南浅田一丁目
  • 南浅田二丁目
  • 南伊場町
  • 向宿
  • 向宿一丁目
  • 向宿二丁目
  • 向宿三丁目
  • 元魚町
  • 元城町
  • 元浜町
  • 森田町
  • 山下町
  • 山手町
  • 龍禅寺町
  • 領家
  • 領家一丁目
  • 領家二丁目
  • 領家三丁目
  • 連尺町
  • 和合北
  • 和合北一丁目
  • 和合北二丁目
  • 和合北三丁目
  • 和合北四丁目
  • 和合町
  • 和地山
  • 和地山一丁目
  • 和地山二丁目
  • 和地山三丁目
  • 松江町
  • 新町
  • 馬込町
  • 浜松
  • 新浜松
  • 第一通り
  • 遠州病院
  • 八幡
  • 助信
  • 曳馬
  • 上島
  • 有玉北町
  • 有玉台
  • 有玉台一丁目
  • 有玉台二丁目
  • 有玉台三丁目
  • 有玉台四丁目
  • 有玉西町
  • 有玉南町
  • 安新町
  • 安間町
  • 市野町
  • 植松町
  • 大蒲町
  • 大島町
  • 大瀬町
  • 笠井上町
  • 笠井新田町
  • 笠井町
  • 上新屋町
  • 上石田町
  • 上西町
  • 北島町
  • 貴平町
  • 国吉町
  • 小池町
  • 神立町
  • 子安町
  • 材木町
  • 篠ケ瀬町
  • 下石田町
  • 将監町
  • 常光町
  • 白鳥町
  • 積志町
  • 恒武町
  • 天王町
  • 天龍川町
  • 豊西町
  • 中郡町
  • 中里町
  • 中田町
  • 長鶴町
  • 中野町
  • 西ケ崎町
  • 西塚町
  • 原島町
  • 半田町
  • 半田山
  • 半田山一丁目
  • 半田山二丁目
  • 半田山三丁目
  • 半田山四丁目
  • 半田山五丁目
  • 半田山六丁目
  • 松小池町
  • 丸塚町
  • 宮竹町
  • 薬師町
  • 薬新町
  • 豊町
  • 龍光町
  • 流通元町
  • 和田町
  • 天竜川
  • 自動車学校前
  • さぎの宮
  • 積志
  • 遠州西ヶ崎
  • 伊左地町
  • 入野町
  • 大久保町
  • 大人見町
  • 大平台
  • 大平台一丁目
  • 大平台二丁目
  • 大平台三丁目
  • 大平台四丁目
  • 大山町
  • 神ケ谷町
  • 神原町
  • 舘山寺町
  • 協和町
  • 呉松町
  • 湖東町
  • 古人見町
  • 桜台
  • 桜台一丁目
  • 桜台二丁目
  • 桜台三丁目
  • 桜台四丁目
  • 桜台五丁目
  • 桜台六丁目
  • 佐浜町
  • 志都呂
  • 志都呂一丁目
  • 志都呂二丁目
  • 志都呂町
  • 篠原町
  • 庄内町
  • 庄和町
  • 白洲町
  • 西都台町
  • 坪井町
  • 西鴨江町
  • 西山町
  • 平松町
  • 深萩町
  • 舞阪町長十新田
  • 舞阪町浜田
  • 舞阪町弁天島
  • 舞阪町舞阪
  • 馬郡町
  • 村櫛町
  • 雄踏
  • 雄踏一丁目
  • 雄踏二丁目
  • 雄踏町宇布見
  • 雄踏町山崎
  • 和光町
  • 和地町
  • 舞阪
  • 弁天島
  • 青屋町
  • 飯田町
  • 石原町
  • 瓜内町
  • 江之島町
  • 遠州浜
  • 遠州浜一丁目
  • 遠州浜二丁目
  • 遠州浜三丁目
  • 遠州浜四丁目
  • 老間町
  • 大塚町
  • 大柳町
  • 卸本町
  • 恩地町
  • 金折町
  • 河輪町
  • 倉松町
  • 御給町
  • 小沢渡町
  • 参野町
  • 三新町
  • 三和町
  • 四本松町
  • 下飯田町
  • 下江町
  • 白羽町
  • 新貝町
  • 頭陀寺町
  • 西伝寺町
  • 増楽町
  • 高塚町
  • 田尻町
  • 立野町
  • 堤町
  • 都盛町
  • 鶴見町
  • 寺脇町
  • 富屋町
  • 中田島町
  • 長田町
  • 西島町
  • 西町
  • 新橋町
  • 鼡野町
  • 法枝町
  • 東町
  • 東若林町
  • 福島町
  • 福塚町
  • 古川町
  • 芳川町
  • 本郷町
  • 松島町
  • 三島町
  • 安松町
  • 楊子町
  • 米津町
  • 若林町
  • 渡瀬町
  • 高塚
  • 引佐町井伊谷
  • 引佐町伊平
  • 引佐町奥山
  • 引佐町金指
  • 引佐町狩宿
  • 引佐町川名
  • 引佐町黒渕
  • 引佐町渋川
  • 引佐町四方浄
  • 引佐町白岩
  • 引佐町田沢
  • 引佐町田畑
  • 引佐町栃窪
  • 引佐町兎荷
  • 引佐町西久留女木
  • 引佐町西黒田
  • 引佐町花平
  • 引佐町東久留女木
  • 引佐町東黒田
  • 引佐町別所
  • 引佐町的場
  • 引佐町三岳
  • 引佐町谷沢
  • 引佐町横尾
  • 大原町
  • 神宮寺町
  • 新都田
  • 新都田一丁目
  • 新都田二丁目
  • 新都田三丁目
  • 新都田四丁目
  • 新都田五丁目
  • 滝沢町
  • 豊岡町
  • 根洗町
  • 初生町
  • 東三方町
  • 細江町小野
  • 細江町気賀
  • 細江町中川
  • 細江町広岡
  • 細江町三和
  • 三方原町
  • 三ヶ日町宇志
  • 三ヶ日町大崎
  • 三ヶ日町大谷
  • 三ヶ日町岡本
  • 三ヶ日町上尾奈
  • 三ヶ日町駒場
  • 三ヶ日町佐久米
  • 三ヶ日町下尾奈
  • 三ヶ日町只木
  • 三ヶ日町都筑
  • 三ヶ日町津々崎
  • 三ヶ日町釣
  • 三ヶ日町鵺代
  • 三ヶ日町日比沢
  • 三ヶ日町平山
  • 三ヶ日町福長
  • 三ヶ日町本坂
  • 三ヶ日町摩訶耶
  • 三ヶ日町三ヶ日
  • 都田町
  • 三幸町
  • 鷲沢町
  • フルーツパーク
  • 都田
  • 常葉大学前
  • 金指
  • 岡地
  • 気賀
  • 西気賀
  • 寸座
  • 浜名湖佐久米
  • 東都筑
  • 都筑
  • 三ヶ日
  • 奥浜名湖
  • 尾奈
  • 油一色
  • 内野
  • 内野台
  • 内野台一丁目
  • 内野台二丁目
  • 内野台三丁目
  • 内野台四丁目
  • 大平
  • 尾野
  • 於呂
  • 上島
  • 上善地
  • 小林
  • 小松
  • 三大地
  • 新原
  • 善地
  • 染地台
  • 染地台一丁目
  • 染地台二丁目
  • 染地台三丁目
  • 染地台四丁目
  • 染地台五丁目
  • 染地台六丁目
  • 高薗
  • 高畑
  • 寺島
  • 豊保
  • 永島
  • 中条
  • 中瀬
  • 新野
  • 新堀
  • 根堅
  • 灰木
  • 東美薗
  • 平口
  • 堀谷
  • 本沢合
  • 宮口
  • 八幡
  • 横須賀
  • 四大地
  • 竜南
  • 貴布祢
  • 西美薗
  • 道本
  • 西中瀬
  • 西中瀬一丁目
  • 西中瀬二丁目
  • 西中瀬三丁目
  • 岩水寺
  • 宮口
  • 遠州小松
  • 浜北
  • 美薗中央公園
  • 遠州小林
  • 遠州芝本
  • 遠州岩水寺
  • 青谷
  • 芦窪
  • 阿寺
  • 石神
  • 伊砂
  • 大川
  • 大栗安
  • 大谷
  • 小川
  • 上野
  • 神沢
  • 佐久
  • 佐久間町相月
  • 佐久間町浦川
  • 佐久間町大井
  • 佐久間町奥領家
  • 佐久間町上平山
  • 佐久間町川合
  • 佐久間町佐久間
  • 佐久間町戸口
  • 佐久間町中部
  • 佐久間町半場
  • 次郎八新田
  • 相津
  • 只来
  • 龍山町大嶺
  • 龍山町下平山
  • 龍山町瀬尻
  • 龍山町戸倉
  • 長沢
  • 西雲名
  • 西藤平
  • 春野町筏戸大上
  • 春野町砂川
  • 春野町石打松下
  • 春野町石切
  • 春野町和泉平
  • 春野町大時
  • 春野町小俣京丸
  • 春野町川上
  • 春野町胡桃平
  • 春野町気田
  • 春野町越木平
  • 春野町五和
  • 春野町杉
  • 春野町田黒
  • 春野町田河内
  • 春野町長蔵寺
  • 春野町豊岡
  • 春野町花島
  • 春野町堀之内
  • 春野町牧野
  • 春野町宮川
  • 春野町領家
  • 日明
  • 東雲名
  • 東藤平
  • 二俣町阿蔵
  • 二俣町大園
  • 二俣町二俣
  • 懐山
  • 船明
  • 水窪町奥領家
  • 水窪町地頭方
  • 水窪町山住
  • 米沢
  • 山東
  • 谷山
  • 横川
  • 横山町
  • 両島
  • 緑恵台
  • 二俣町鹿島
  • 渡ケ島
  • 二俣町南鹿島
  • 出馬
  • 上市場
  • 浦川
  • 早瀬
  • 下川合
  • 中部天竜
  • 佐久間
  • 相月
  • 城西
  • 向市場
  • 水窪
  • 大嵐
  • 小和田
  • 天竜二俣
  • 二俣本町
  • 西鹿島
静岡県浜松市近隣のサービス対応エリア
  • 静岡市
  • 沼津市
  • 熱海市
  • 三島市
  • 富士宮市
  • 伊東市
  • 島田市
  • 富士市
  • 磐田市
  • 焼津市
  • 掛川市
  • 藤枝市
  • 御殿場市
  • 袋井市
  • 下田市
  • 裾野市
  • 湖西市
  • 伊豆市
  • 御前崎市
  • 菊川市
  • 伊豆の国市
  • 牧之原市
  • 東伊豆町
  • 河津町
  • 南伊豆町
  • 松崎町
  • 西伊豆町
  • 函南町
  • 清水町
  • 長泉町
  • 小山町
  • 吉田町
  • 川根本町
  • 森町
ひばり開発株式会社
ロゴ
空き家に関する不動産売却プランをご提案し、ご満足いただける結果をお届けできるよう尽力しています。不動産取引は重要な決断ですので、お客様との信頼関係を築きながら浜松市で対応しております。
ひばり開発株式会社

〒432-8011

静岡県浜松市中央区城北2-4-2

カレッジタウン城北1階ウエスト


NEW

CATEGORY

ARCHIVE

TAG